ようこそ

このWebサイトは,公益社団法人日本都市計画学会東北支部の活動を支えるためのポータルサイトです.東北支部は,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,そして新潟を含めた7県の範囲の学会員で構成され,2011年10月3日の日本都市計画学会の公益社団法人化に合わせて正式発足いたしました.

    現在,Webページからのユーザー登録機能は休止しています。登録を希望する方は,管理者までメールをください。
ユーザー登録は左ブロックにある新規登録から行ってください.登録アドレスに届くメールに従って確認をするとユーザー登録がなされ,すべての情報が読めるようになります.最近,海外の無関係な発信元からの多数の登録手続きがなされ(1日平均10件),無関係なニュースが書き込まれました.そのため,当分の間アカウント情報の本名と所属先の情報で東北支部の学会員であることが確認できた場合に限り,ユーザー登録を有効化して,書き込み権限を与えることとします.

ID申請後最初にログインした画面などで,左にある「ユーザーメニュー」から「アカウント編集」を選んでいただき,本名と所属の情報を入力してください.

管理者メールアドレス:
webmaster (at) tohokucp.sakura.ne.jp (at)を@に書き換えてください。

最近のニュース

  • 日本都市計画学会東北支部 講演会 CPD登録について (2021-7-11)
  • 日本都市計画学会東北支部講演会にご参加の皆様

    いつもお世話になっております。
    日本都市計画学会 東北支部の川下です。

    7月10日に行われた 日本都市計画学会東北支部講演会「ポストコロナ時代の地方移住・就労 ~国土計画からまちづくりまで~」について
    CPDの単位付与を希望される方はこちらのGoogleフォームから申請をお願いいたします。

    https://forms.gle/u6Tc79RRvCo8VEhw8

    ※受講証明書の発行を希望された方でまだメールが届いていないとうい方は、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
    cpij.tohoku@gmail.com

  • 令和3年度 日本都市計画学会東北支部 講演会のお知らせ(7月10日) (2021-6-18)
  • 日本都市計画学会東北支部 会員の皆様

    たいへんお世話になっております。岩手大の南です。
    このたび、日本都市計画学会東北支部では、令和3年度日本都市計画学会東北支部講演会を開催いたします。
    昨今のコロナウイルス感染状況を考慮し、オンラインで行います。

    本講演会のフライヤーはこちらです。(PDFファイル)

    講演会に参加を希望される方は以下のサイトにて申し込み願います。
    日本都市計画学会東北支部7月講演会参加申込(Google Formへ)
    申込〆切 7月5日(月)
    https://forms.gle/J6FgZvLt5ZhZ4vpy9
    ※事前に上記googleフォームにて参加登録下さった方に、聴講用URLをお知らせ致します

    7月7日付けのメールで当日のウェビナー接続先を送信いたしました。
    まだ届いていない方は登録時に入力していただいたメールアドレスが間違っている可能性がございます。
    連絡の取れるアドレスからcpij.tohoku[at]gmail.comまでお問い合わせください。


    令和3年度日本都市計画学会東北支部講演会
    「ポストコロナ時代の地方移住・就労 ~国土計画からまちづくりまで~」

    日時:7月10日(土)14時00分~16時30分(多少の延長あり)
    場所:オンライン
    申込:学会東北支部ウェブサイト(http://tohokucp.jpn.org/) よりお申し込みください

    主旨:
    戦後、東京への一極集中の動きが一貫して続いてきた。その流れに終止符を打つ可能性を生じさせたのが、インターネットの普及・高速化をはじめとした技術の進展である。インターネットを活用したリモートワークは場所を選ばないため、地方都市にも「チャンス」が生まれることになる。そして今回のコロナ禍に伴う在宅勤務の推奨は、このような動きを一気に加速させた。
    本シンポジウムにおいては、このような流れの中における地方移住・就労に関する現在の状況を概括的に把握するとともに、東北各地で行われている先進的な受け入れの取り組み事例の効果と課題を学ぶことを通じて、今後の地方への人口流入の可能性とあるべき姿を、国土計画レベルからまちづくりレベルまで広く展望することを目的とする。


    次第

    開会:南正昭(東北支部長、岩手大学教授)

    ご講演(各約20分):
    「コロナ禍における地方移住の現状」          國學院大學准教授 嵩和雄 様
    「山形庄内をモデルに未来にときめく社会を創る」
    ヤマガタデザイン街づくり推進室 長岡太郎 様
    「テレワークを超えて地域の翻訳者になる」   三戸町sannohe yell代表 五十嵐淳 様
    「コロナ禍の地方への移動」          きら星株式会社代表取締役 伊藤綾 様

    ディスカッション(50分)

    閉会:山口邦雄(東北支部副支部長、秋田県立大学教授)





  • ご案内-第9回グローバルガバナンスと持続可能な開発 (G2SD)-SDGsワークショップ 「郊外住宅団地の再生を目指して」 (2021-6-4)
  • いつもお世話になっております。事務局の山口です。
    東北大学の劉教授より、以下のイベントのお知らせがございましたので掲示いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

    第9回グローバルガバナンスと持続可能な開発 (G2SD)-SDGsワークショップ

    「郊外住宅団地の再生を目指して」

    高度経済成長期に大都市周辺で開発された郊外住宅団 地の多くは、まち開きから40年以上が経過し、 住民の高 齢化や生活利便施設の減少、公共交通の撤退など、多く の課題に直面している。 一方で、公園や道路等のインフラが整っていることから、 コンパクトプラスネットワークの集約型都市構造において、 郊外部の拠点としての役割が期待される。また、テレ ワークの普及や働き方改革に伴い、郊外住宅での暮らし に注目が集まっている。 このような郊外住宅団地の現状を把握するとともに、次 世代に住み継ぐために、団地居住者のQOLが向上する ような再生方法について考える。

    講師 石井 儀光 氏


    国土交通省国土技術政策総合研究所都市研究部 都市開発研究室長 筑波大学連携大学院システム情報工学研究群准教授(2015?) 鹿児島市出身、筑波大学第三学群社会工学類卒業、 筑波大学大学院社会工学研究科修了・博士(都市・地域計画) 筑波大学経営政策科学研究科、国土交通省国土技術政策総合研究所、 国立研究開発法人建築研究所を経て、2018年より現職

    日時: 2021年7月2日(金)15:00-16:30

    場所: オンライン開催(Zoom)

    参加費: 無料

    参加登録:https://bit.ly/3u3pA9o

    ※事前に上記googleフォームにて参加登録下さった方に、聴講用URLをお知らせ致します

    URL: http://www.intcul.tohoku.ac.jp/g2sd/jp/workshop/ (6月4日現在,繋がりません)

    使用言語: 日本語

    主催: 東北大学大学院 国際文化研究科



  • 2021年4月24日勉強会の資料について (2021-4-24)
  • 人口・社会経済マクロデータから見た東北支部域

    について,古藤教授分の資料(PDF)をおきます.Excelデータがほしい場合はメールでご連絡ください.(全部はご容赦ください.ばらばらで説明もついてないため分かりにくいものになります) cpij東北2021総会勉強会_古藤.pdf
  • 令和3年度支部総会,勉強会(4月24日)のお知らせ (2021-4-21)
  • 日本都市計画学会東北支部 会員の皆様

    支部長を仰せつかっております,東北大学の奥村です.

    本年度の支部総会についてコロナウィルスの収束がまだであることから,昨年度に続きオンライン形式で開催することといたします.
    支部総会では,役員人事,年次活動計画,決算と予算の承認をいただいております.

    また,総会に引き続き,「新時代のデジタル情報の活用を東北支部域の都市計画で考える」のオンライン勉強会を開催します.

    支部会員の方は,総会及び勉強会のご出欠を,前日までに以下のサイトにお返事願います.

    出欠および委任状のご回答(GoogleFormへ)
    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScC9ScHqFyYvQvxeiiRYDzxFeurszK3sFeesMc21HW-CwYHRQ/viewform?usp=sf_link

    4月24日(土)14:00-17:00
    14:00-14:50 支部総会

    15:00-17:00 勉強会
    「新時代のデジタル情報の活用を東北支部域の都市計画で考える」
    15:00-15:05 開会の挨拶
     15:05-15:40 人口・社会経済マクロデータから見た東北支部域(東北芸術工科大学 教授 古藤浩)
     15:40-16:15 3D都市モデル PLATEAU(仮題)(国土交通省 東北地方整備局建政部 課長 村山弘晃)
     16:15-16:50 ニューノーマル時代に対応する人流データ活用法((株)Agoop代表取締役社長 柴山和久)
     16:50-17:00 意見交換
    17:00- 閉会の挨拶
  • 2月27日(土)2020年度支部研究発表会プログラム(3月3日更新) (2021-2-24)
  • 日本都市計画学会東北支部会員各位

    東北大学の姥浦です。

    いつもお世話になっております。

    さて、2月27日(土)に開催の支部研究発表会ですが、無事終了しました.
    なお、プログラムは以下のとおりです。

    プログラムpdf(2月25日更新)

    講演概要集pdf(27.MB)(公開終了:3月3日)
  • 日本都市計画学会東北支部 研究発表交流会のご案内(2/27土曜日オンライン) (2020-12-11)
  • いつも大変お世話になっております。
    日本都市計画学会東北支部事務局の山口です。
    このたび、日本都市計画学会東北支部では、会員の皆さまの日頃の研究活動や、取組事例を報告していただき、研究交流を図る場として、2020年度東北支部研究発表会を、下記の日程で開催いたします。
    本年度は、昨今のコロナウイルス感染状況を考慮し、オンラインで行います。その代わり、本来であれば本年度は南北分離開催の年ですが、支部で一体的に開催いたします。
    懇親会は、大変残念ではありますが、開催いたしません。

    発表をご希望される方は、期日にご注意の上、お申し込み・ご提出ください。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ■日時 ・ 場所
     2021年2月27日(土) 13:00-17:30ころ
     オンライン(Zoomの予定です)

    ■発表応募資格
     原則として、発表者、連名者のいずれかが会員であること。

    ■発表申込
    論文タイトル、発表者名、連名者名、全員の所属、全員の会員種別を、2021年1月29日(金)までに、下記お問い合わせ先までメールにてお知らせ下さい。

    ■発表要旨原稿の投稿
    ※発表要旨の様式レイアウトにつきましては、以下のURLからMSWord(doc)ファイルをダウンロード願います。http://www.tohokucp.sakura.ne.jp/uploads/layout.doc

    発表要旨原稿の作成要領に基づき、発表要旨(A4版用紙2枚または4枚)を作成し、2021年2月15日(月)までに、そのPDFファイルを電子メールで、下記お問い合わせ先までご送付下さい。

    問い合わせ先:
    日本都市計画学会東北支部総務企画委員会
     担当:東北大学 姥浦道生 教授      
     E-mail:ubaura[at]tohoku.ac.jp
         [at]を@に置き換えください。
  • 10/17(土),18(日) 都市計画学会東北支部見学会を弘前にて開催いたします (2020-9-16)
  • 都市計画学会東北支部 会員の皆様

    いつも大変お世話になっております。
    都市計画学会 東北支部事務局の山口です。

    都市計画学会東北支部見学会を弘前にて開催いたします。
    酒造工場でした煉瓦倉庫をリノベして7月にオープンした美術館を最終目的地に、弘前駅から中心市街地を歩きます。
    ご希望の方が 5名以上集まりましたら、翌日,お隣の黒石市の伝建地区を巡るオプショナルツアーも実施いたします。

    ■見学会概要 ※詳細は添付書類(pdf(830KB))をご覧下さい。
    日時:<一日目>10月17日(土)本ツアー:13:30〜17:00/懇親会(希望者のみ):17:00〜19:00
       <二日目>10月18日(日)オプショナルツアー(希望者のみ):9:30〜12:30 ※5名以上の希望者があれば実施

    場所:<一日目>JR弘前駅集合、弘前市の中心市街地のまち歩き、今年度オープンした弘前れんが倉庫美術館の見学・鑑賞
            ※見学会終了後、美術館併設のカフェレストラン(予定)で懇親会(会費5〜6千円予定)
       <二日目>弘南鉄道弘前駅集合、黒石市に鉄路移動、黒石市の伝建地区のまち歩き、終了後解散

    ■申込方法:以下のURLから参加申込フォームに移動し、必要情報を入力してください。
    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSciF0_QD5WO_Aqa0Rws7LbCReVmtLm-AedrMFUlG5xqIsgk3g/viewform?usp=sf_link

    ■申込〆切:9月30日(水)17:00

    ■お問い合わせ先
     担当:弘前大学 土井     
     E-mail:doi[at]hirosaki-u.ac.jp [at]を@に置き換えください。

    どうぞよろしくお願いいたします。
  • 7/11シンポジウム「復興まちづくりのコーディネート」のご報告 (2020-6-30)
  • 東北大学の姥浦です。

    標記の件、100名を超える皆様方のご参加をいただき、無事にシンポジウムを開催することができました。ディスカッションも、非常に濃密で興味深い内容だったかと存じます。講演者の皆様方をはじめ、関係各位に深く感謝申し上げます。

    さて、当日ご発表いただきました皆様方の資料をアップいたしますので、ご興味のある方はご覧いただければと存じます。

    都市計画学会東北支部では、今後とも継続的に復興に関連するテーマを扱ってまいりたいと存じますので、引き続き、何卒よろしくお願いいたします。
    伊藤様発表ファイル(pdf,736kb)
    末様発表ファイル(pdf,18Mb)
    安本様発表ファイル(pdf,1Mb)
  • 5/9 支部総会/勉強会のご参加,ありがとうございました. (2020-6-16)
  • 支部長を仰せつかっております.東北大学の奥村です.
    さて,5月9日の1400から,オンライン形式で本年度の支部総会を開催しました.
    また,1440から立地適正化計画への災害リスクの反映に関する勉強会を行いました.

    勉強会資料について,公開の確認が取れましたので,柳田様の資料PDFも追加しました.
    URLは以下の通りです.
    奥村資料PDF(53.4MB)
    柳田資料PDF(33.4MB)